VAPEの本体の値段

VAPEの本体の値段 「VAPE(ベイプ)」は、水蒸気を吸ったり吐いたりすることで、タバコを吸っている気分を味わえる製品です。電子タバコとも呼ばれます。
似たものに加熱式タバコというものがありますが、違いは「タバコの葉をいっさい使用しない」ということです。タバコの葉を加熱しニコチンを含んだ水蒸気を吸う加熱式タバコに対し、VAPE(電子タバコ)は専用の液体(リキッド)を加熱して発生した水蒸気を吸います。
リキッドにはメンソール系やフルーツ系など様々な種類があって、充電した本体の内部のタンクにそれを注入して使用します。タバコを吸っている気分を味わいたい人、タバコ代を節約したい人、禁煙の第一歩として試してみたい人に向いた製品です。
VAPEは、コンビニやネットショップ、家電量販店、ホームセンターなどで購入することができます。値段は、ネットショップの場合、リキッドを交換できない(あらかじめ風味がついている)使い捨てタイプのものは1000円以下から購入可能です。リキッドを交換して好みの風味を楽しめるタイプは、10000円台でいろいろな製品を選ぶことができます。
本体の購入価格を考えると、高く感じるかもしれません。しかし長期的に使用した場合のコストを加熱式タバコ・紙巻タバコと比較すると、断然VAPEが優れています。

電子タバコのVAPEの本体といろいろな種類

電子タバコのVAPEの本体といろいろな種類 日本でもその知名度がうなぎ上り状態なVAPEは、おしゃれなデザインや使いやすさ、リキッドの豊富さといった優れたメリットが多い電子タバコとして高い人気を誇っています。そんなVAPEですが、本体そのもの以外にもいろいろなアイテムが存在しており、好みに合わせて種類を選ぶことも可能です。
そこでおもなVAPEの種類としては、初期費用が安く済むのでお試しに最適な使い捨てタイプや、カードリッジを装着して使用するカードリッジタイプなどがあり、カードリッジタイプはリキッドがなくなったらカードリッジを交換するだけなので本体はずっと使用することができます。さらに一番メジャーなのがリキッドを補充するタイプで、こちらにはコンパクトで持ち運びに便利なペンシル型や、バッテリーがあるので長く使用できるボックス型などがあります。このようにさまざまなタイプがあるので、初心者などはまずは使い捨てもしくはカートリッジタイプを使用してみて、長く使えそうならばリキッド補充タイプに移行するのがお勧めです。