VAPEとタバコの違い

VAPEとタバコの違い タバコと言えば、紙で巻いたその先にライターなどで火をつけて吸う、愛煙家にとっては無くてはならないものです。
昔は、吸っている人がプカプカと煙を出していても、カッコイイと思う人がいる一方で、とても嫌う人もいましたが、臭いとか煙たいといったぐらいの認識だったと思います。
しかし近年になり、よく吸う人が肺の病気になってしまったり、周りにいる人が受動喫煙となり病気が懸念されるということも分かってきて、愛煙家は肩身の狭い状態にもなっています。
ところでVAPEですが、これは電子タバコと言われるもので、紙で巻いたものに火をつけて楽しむものとは違います。
こちらも結構な量の煙が出てきますが、実はそれは水蒸気で、ニコチンを含むような煙ではありません。
リキッドと呼ばれている香り付きの液体を電気で熱し、煙と共に出てくる香りを楽しみます。
海外ではニコチンを含むリキッドも販売されているそうですが、日本国内ではそれは販売出来ないとのことです。
ですが、個人輸入などすれば日本でも入手可能なので、VAPEだからと言ってニコチンが入っていないとは限らないです。

タバコ型VAPEは大きく分けて3種類!便利な機能にも注目!

タバコ型VAPEは大きく分けて3種類!便利な機能にも注目! タバコ型・スティック型・ペン型といった棒状のVAPEはタバコ同様の扱いやすさが特長です。
自分好みのリキッドを選べるリキッド式、コストパフォーマンスの良いカートリッジ式、メンテナンス不要の使い捨て式があります。
smiss EMILI、JOECIG X-TC3、vape only MALLEなどはリキッド式で、ケースごとポケットに入れ、持ち運びながら充電することもできます。
リキッドの注入やコイル交換、タンク洗浄などのメンテナンスが必要で比較的高価ですが、最高の吸い心地を追求できるのが強みです。
DMM FLEVOやC-Tec Duoはカートリッジ式で、リキッド注入・コイル交換・タンク洗浄が不要、充電とカートリッジ交換のみで繰り返し使えるうえ、価格も低めに抑えられています。
VAPE STEEZのe-tabaccoは使い捨てタイプで、見た目も本物のたばこにそっくりです。
吸い終わったら捨てるだけなので楽ですが、電池を含んでいるので捨て方には注意しましょう。
構造の違いのほか、充電容量やリキッド容量、噴霧量といった性能や、充電残量表示、リキッドの焦げ・漏れ防止、吸うだけで自動的に電源が入るなど、製品によって機能も異なるのもタバコ型VAPEの魅力です。